神社に行って「縁結び・合格祈願・商売繁盛・長寿」といった、色々なお願いを神様にすることってあると思います。

パワースポットというのも流行ってますし、「お願い事別」におすすめの神社を紹介していきますので、一度この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

< スポンサーリンク >

縁結びの神社なら島根県

まずは縁結び神様がいるとして有名なのが島根県の「出雲大社です。

ちなみに一般的には「いずもたいしゃ」と言われていますが、正式には「いずもおおやしろ」と呼びます。

何故、縁結びの神様のかという所以は、出雲大社の御祭神である大国主神は、数々の姫神と結ばれ、子宝に恵まれたことから、大国主神を「縁結びの神」とたたえるようになったと言われています。

という出雲大社は、島根県出雲市にあります。詳細はHPにて確認してみてください。

→ 出雲大社HPはこちら

合格祈願は東京がバッチリ!

次は学業成就の神様として紹介したいのが、東京十社の一つでもある「富岡八幡宮」です。

この神社はにぎやかで、参拝客が途絶えることがないくらいとのこと。

神の力が強く感じられる!ということでしょうか。

そしてこの神社の見どころとして、歩いて日本地図を作った伊能忠敬像が建てられています。

なにやら全国測量旅行に出発する際、富岡八幡宮に参拝してから出発したとのことです。

それにしても、「日本地図を歩いて作ったんだってー。へぇー。」…ってレベルじゃないですよね?

一体どれくらいのカロリー消費するんだろ?w

初詣は受験合格を祈願して学生たちで溢れかえりそうですね。

そんな富岡八幡宮は、東京都江東区にあります。気になる方はHPで詳しく詳細を見てください。

→ 富岡八幡宮HPはこちら

商売繁盛の神様がいる神社

次にご紹介するのは商売繁盛の神様がいる、京都市東山区の「八坂神社」です。

こちらの神社は祇園の花街と円山公園に挟まれた東山の中心地にあります。

西暦970年に疫病が流行した時、疫病退散の祈願をしたことから厄除け、商売繁盛の神様として信仰されています。

ちなみに大晦日の夜から元日に行われる「をけら詣り」はをけら火を吉兆縄に移し、日が消えないようにクルクル回しながら家に持って帰って雑煮の火種として無病息災を願います。

さすがお寺の街、京都なだけあってご利益満載な感じがします。

八坂神社が気になる方は、HPで詳細確認してくださいね。

→ 八坂神社HPはこちら

長生きしたい場合の神様

最後に紹介するのは、日本最古の神社の一つで、健康長寿・病気平癒・除災招福・百事成就の守護神として信仰されてきた神様がいる「石上神宮」です。

歴史の重みも感じますが流石神社というか落ち着いた雰囲気が感じられますね。

とりあえずなんか凄そう!ww

そんなご利益いっぱいの、石上神宮は奈良県天理市にあります。

詳細は、いつも通り(と言ってもこの記事だけですがw)HPを確認してください。

→ 石上神宮HPはこちら

最後に・・・

とまぁ色々と紹介してきましたが、調べたら神社って死ぬほどありますねw流石日本という感じでした。

でも実際、どこの神社にどの神様がいるかとかあまり知らないで行く人多いのではないしょうか?(そんなこと無かったらすいません。)

今回を機にこれからは僕も調べて行くことにします。

 

本日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!

他にも、「Oops!」と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

< スポンサーリンク >