ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」1話

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」がついに2話が放送されました。

このドラマはフランスのカンヌで開催される世界最大級の国際映像コンテンツ見本市「MIPTV」で、世界上映されましたが、アジア制作のドラマとしては、初めての快挙ということで話題の作品でもあります。

脚本を手掛けたのが映画化もされた「GO」で直木賞を受賞した金城一紀氏で、ストーリーとしては警察庁の公安機動捜査隊特捜班という特殊部隊のお話です。

この敵たちとなるのが、テロリスト・政治家・新興宗教・軍事スパイといったように、想像をはるかに超える脅威ばかりですが、捜査・事件解決までを描くアクションエンターテイメントです。

キャストは小栗旬さんと西島秀俊さんのW主演となっていて、他の出演者たちも超豪華なドラマとなっています。

今回はドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」2話あらすじのネタバレを公開しますので、もし見逃してしまった人は参考にしてほしいです。

ちなみにドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」は、1話~最新話まで「U-NEXT」で配信されてます。

登録後、最大31日間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能です。

U-NEXTの登録はこちらから

< スポンサーリンク >

CRISIS(クライシス)
公安機動捜査隊特捜班

ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」第2話

人物相関図

相関図「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」
※クリックすると大きくなります

2話あらすじ

田丸(西島秀俊)に“国家の危機”を訴えたフリージャーナリストが謎の中毒死!?

真相を追う田丸と稲見(小栗 旬)には殺し屋が襲いかかり、息つく暇もない激しい攻防戦に!

やがて見えてきたのは、政府の要人の黒すぎる思惑で――!?

ある日、田丸(西島秀俊)は外事警察時代に知り合ったフリージャーナリストの男から、「国家の危機に関することで話がある」と連絡を受け、会う約束をする。

しかし、待ち合わせ場所に現れた男は田丸の目の前で何者かに毒物を注射され、絶命。

特捜班は、身の危険を感じていた男があらかじめ田丸に送った1枚の写真と、死ぬ間際に口にした「アリス」という言葉を手掛かりに捜査に乗り出す。

写真には、ごく普通の一軒家が写っていた。吉永(田中哲司)は樫井(野間口徹)と大山(新木優子)に家の特定を急がせるとともに、田丸と稲見(小栗 旬)には殺された男の自宅を捜索するよう指示。

しかし、稲見に見張りを任せて、一人部屋へ入った田丸は、男の遺品を持ち去ろうとしていた侵入者と鉢合わせ。

突然の攻撃に必死で応戦するも、一瞬の隙をつかれて取り逃がしてしまう。

やがて、田丸の異変に気付いて駆けつけた稲見は、侵入していた男が殺し屋だと察知。

激しい攻防戦を繰り広げるが……。

何者かがジャーナリストの死因を隠ぺいしようとしていることから、特捜班は今回の一件に政府が関与しているとにらむ。

そしてようやく写真の家を見つけ出すが、そこに人が住んでいる気配はない。

不審に思った吉永が近所の住民に話を聞くと、住んでいた家族は数日前に突然引っ越したことが分かり――。

引用元:カンテレ公式HP/CRISIS公安機動捜査隊特捜班

< スポンサーリンク >

2話ネタバレ

ここからはドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」2話のネタバレを公開しています。

謎の毒物で中毒死

公安機動捜査隊特捜班のメンバーは、危機に直面した時に備えて訓練をしていると、田丸にフリジャーナリストの古垣伸一郎から電話が入り「国家の危機に関する話がある」と言われ、会う約束をした。

しかし古垣は待ち合わせ場所に来ると、田丸の前で中毒死をしてしまった・・・直前でぶつかった男に毒物を注射されたようだ。

古垣は絶命してしまう前に「アリス」という謎のダイイングメッセージを残した。

あともう一つは古垣があらかじめ田丸に送信してあった、一軒家の写真だけ。

「アリスと一軒家の関連性は何か?」はわからなかったが、とにかく田丸の身元が誰なのかと噂になっていたので、田丸の身元がハッキリする前に事件を解決する必要があった。

田丸と稲見の二人は古垣の自宅を捜査していると、一人の男に出くわし争うが一般人を人質に取られてしまい逃してしまった。

政府が黒幕?

リーダーの吉永が情報は遮断されていることをメンバーに伝えると「政府」が絡んだ事件かもしれないと考える。

そこでハッカーの大山が写真の一軒家の場所をインターネットを駆使して、場所の特定に成功する。

すると田丸も事件に関しての重要なデータを発見した。

写真の一軒家には誰も住んでいないようで、非公式にお邪魔する=不法侵入することになる。

しかし何も見当たらず樫井の共感覚でも「人が住んでいた」くらいしかわからない・・・隣の一軒家の住人から情報を聞くと、西尾という母と娘二人が住んでいたが、母子家庭かどうかという立ち入ったことは知らないようだ。

母は中年の40歳代で娘たちは高校生くらいだという。

一昨日引っ越してしまったばかりだったが、2週間前に娘の一人が救急車で運ばれたということを聞き、事務所にいた大山に至急調べさせると「世田谷西病院」に運ばれたことが判明した。

アリスの正体

そこで田丸と稲見の二人が病院に聞き込みに行き、患者のデータを見ると二人の顔つきが変わった。

病室に行くと何本もの管が身体についている女の子が寝ていた・・・そこに一人の女の子が入ってきて、二人の顔を見ると逃走しようとしたので、稲見が捕まえると女の子は『もう誰にも話さないから殺さないで』と懇願する。

落ち着いて話をすると『こないだ記者さんに色々喋っちゃったからこうなった』と女の子は言う。

そして管が通り眠っている女の子が「アリス」だという。

アリスたちは二年前新しいお店(謎の一軒家)で知り合う・・・つまりあの一軒家は売春婦たちを住まわせていたのだった。

アリスには乱暴なお客さんがいて『いつか殺されちゃうかもしれない』といつも言っていたそうだ。

一軒家の真相

特捜班のメンバーは田丸が見つけたデータを解析すると、防犯カメラに映る一軒家を出入りしていた人物たちが出てきた。

そこには政治評論家やマスコミのお偉いさんという大物ばかりが映っている。

『許せない!アリスちゃんに暴行した人物の特定をして捕まえよう』と大山が特捜班メンバーに呼びかけると、稲見は『今からやることがあるから抜けるわ』と言ってどこかへ消えてしまった。

すると公安のトップに立つ警察庁警備局長の鍛冶が田丸を呼び出し、真相を語りだした。

鍛冶は「ああいう施設は、公安が把握しているだけで13もある・・・今はそれを監視している」と言った。

つまり見て見ぬフリをしていて、今回の件も隠蔽するつもりのようだ。

田丸は「私は警察官です・・・私がいつかこの腐ったシステムを変えてみせます」と宣言すると、鍛冶は「頼もしいな。さすがに俺が選んだだけのことはある」とあしらうように言った。

 

< スポンサーリンク >

稲見が過去に抱える闇

その頃、アリスの病室に古垣の自宅にいた男が、アリスにとどめをさしにやってきた。

しかしアリスの病室には稲見が隠れていて、後ろからその男を羽交い締めにすると・・・

『俺は昔、お前やお前の雇い主側の人間だったが、あることがきっかけで今はこっち(命を守る)側にいる。でもお前らみたいな奴らを見てるとそっち側にいて、やっつけたほうが早い気もするんだ・・・頼むから俺をそっち側に引き戻すような真似はやめてくれ。アリスちゃんやその友達に何かあったら、お前やお前の雇い主を想像できないような深い闇に引きずり込んでやるからな』

と男を吹き飛ばすと、最後に「消えろ」と言うと男は病室から逃げるように去っていった。

そして一件は終わった。

まだ事件は終わっていない…

田丸は情報収集のため林智史をある教団に潜入させていたが、林の妻である林千種に会うと、毎月のお金を渡していた・・・おそらく夫を教団に潜入させているので、潜入中の生活費ということだろう。

千種が「もう行きますね・・・また来月」と帰ろうとすると、田丸は千種に「まだ行かないでください・・・もう少しそばにいてください」と言った。

毎月会ううちに特別な感情でも生まれてしまったのだろうか?

翌朝、ニュースでは内閣府から新官房長官に就任した神谷透議員が取り上げられていた。

実は神谷透議員はあの施設の常連で、しかもアリスを襲おうとしたあの男が運転手(秘書?)だった。

 

・・・3話に続く

一言感想

U-NEXTで視聴する!

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」は、1話~最新話まで「U-NEXT」で配信されてます。

登録後、最大31日間無料なので見逃しまった人もタダで見ることが可能です。

U-NEXTの登録はこちらから

たくさんある動画配信サービス(VOD)で、どれにしようか迷っている方はこちらを参照↓↓

動画配信サービスを比較~おすすめは定額で見放題!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

出典元:http://www.ktv.jp/crisis

< スポンサーリンク >