ドラマ「東京タラレバ娘」

アラサー女子の気持ちを表した漫画「東京タラレバ娘」が共感を呼び大人気で、2017/冬期のクールで実写化連続ドラマが始まりましたが、ついに5話が放送されました。

物語としては倫子(吉高由里子)と香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)のアラサー女子3人組が、恋愛の悩みを筆頭に女子会を開きます。

女子会が開催されるのは、3人だけのグループLINEで・・・

【第1出動】と送れば・・・

ヒマだから、なんとなく飲みたい時

【第2出動】と送れば・・・

仕事のグチを聞いてほしい時

【第3出動】と送れば・・・

誰かの悪口をブチかましたい時

【第4出動】と送れば・・・

緊急に男がらみの相談がある時

というどうしょうもない理由で集まり・・・

『あの時、あーだっタラ・・・もっと、こーしてレバ・・・』

と言いながら日々愚痴っていると、金髪のイケメンKEY(坂口健太郎)に文句を言われていしまいます。

『そうやっていつまでも女通しでタラレバ話つまみに酒飲んでろよ!』

こうして3人のアラサー女子と金髪イケメンの対決が始まるわけですが、アラサー女子たちは「三角関係・セフレ・不倫」という、まさにドロ沼恋愛地獄にハマっていくのです・・・いい歳なのにね(笑)

 

女子たちにとっては共感度100%なストーリーで、物語は進んでいきます。

今回はドラマ「東京タラレバ娘」5話のネタバレと感想、そして6話のあらすじを公開しますので、もし見逃してしまった人は参考にしてほしいです。

ちなみにこのドラマは 「hulu」で「東京タラレバ娘」のストーリー1話~最新話まで視聴できます。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで見ることが可能です。

huluの登録はこちらから

< スポンサーリンク >

ドラマ「東京タラレバ娘」

念のため前回のあらすじから見ていきますね。

前回のあらすじ

小雪も「不倫」というドロ沼の恋の罠にハマってしまいますが、倫子が全てにおいてうまくいかないことで不満が爆発してしまいます。

香の「元カレのセカンド」や小雪の「不倫」について文句を言ってしまう。

さらにKEYに「あんたとは恋愛できない」と言われたのが、香と小雪に文句をつけられたからというなんとも香と小雪のせいのような言い方をしてしまい、親友の絆に亀裂が入ってしまいます。

しかし倫子はこれまでの親友たちとの歴史を思い出し、仲直りすることを決意して面と向かって謝りたいと、家を飛び出します。

すると小雪からLINEで「来ない?」と箱根旅館の写真と一緒に突然送られてきます。

丸井と不倫温泉旅行に行くはずでしたが、丸井にドタキャンされてしまい一人では豪華すぎると誘ってきました。

すると香がすぐに「行く!」ときたので、倫子も負けじと「行く!」とうつと、小雪は「おぅ!酒用意して待ってる」と、女子会in箱根の始まりです。

箱根旅館に着いて話を聞くと、丸井は「子持ちで、嫁は別居ではなく里帰り」だったことが告げられます。

香からは、涼が「彼女から電話がかかってきて、突然帰ってくることがわかると、ゴミを捨てるかのように部屋を追い出された」と言います。

ここで倫子はようやく「ごめん」と謝ることができます。

すると香と小雪の口からも「ごめん」と言われ、親友たちの絆は回復することができました。

人物相関図

相関図「東京タラレバ娘」
※クリックすると大きくなります

< スポンサーリンク >

5話ネタバレ

ここからはドラマ「東京タラレバ娘」5話のネタバレを公開しています。

ドラマ「東京タラレバ娘」5話

倫子に春が訪れる?!

倫子と香と小雪の三人は、当たると聞いた占いにかけるが、三人ともボロクソに言われるハメになってしまいます。

ドラマ「東京タラレバ娘」5話

香と小雪は『もう別れる』と言いますが、倫子だけは解決策が何もないのでした。

倫子が落ち込んでいると、スーパーでイケメン・奥田優一から声をかけられる。

新しい恋の予感・・・かと思いきやイケメンはバーテンダーでお店の客引き?と思ったら『無理やり誘ったので代金はいらない』と言われ、変な雰囲気になります。

これは、もしかすると本当に・・・と胸踊る倫子でした。

女子会をしながら『結婚もあるかもよ』と盛り上がっていると、KEYが現れ『またタラレバ言ってんの?結婚は夢じゃなくて現実だから』と制されてしまいます。

凛子たちは『結婚したことない奴に言われたくない』と反論しますが、KEYに『結婚したことあるよ』と言われ、凛子たちは衝撃を受けるのでした。

仕事もチャンス到来!

早坂から電話が突然かかってきて『急ぎで相談したいことがある』と言われ、倫子はテレビ局に向かいます。

早坂に会うと『恋するシーズンの脚本家が倒れ、入院中でピンチヒッターで3話から書いてくれる脚本家を探してる』と言われ、何人かの脚本家に書いてもらい競うというコンペ方式だということも伝えられ、しかも期日は3日後・・・燃える倫子でした。

ドラマ「東京タラレバ娘」5話

香から「第一出動」の集合がかかりますが、倫子は新しい仕事が入っちゃったから「ごめん」と断って作業にかかる。

徹夜で作業をしてなんとか期日中に仕上げ、早坂にメールで原稿を送りました。

早坂から電話で『話し合った結果、ベテランの脚本家さんにお願いすることになった』と伝えられ、倫子は超絶落ち込み「こんな時は一人でいたくない」と思い当たったのが奥田だった。

崖っぷちの倫子に救いの手

奥田のBARに訪れ、倫子は話をするうちに若干ながら負の気持ちは回復に向かっていく・・・すると奥田から『倫子さん、飯行きませんか?』と誘われ、素直に肉を食べに行くことにします。

そこで奥田は過去にサラリーマンだったことを話し、その話の節々で出てくる倫子にとっての優しい言葉が心に刺さるのでした。

そして奥田は『またこうやって飯食ったりしませんか?』と誘うと、倫子は『はい・・・あの奥田さんて独身ですか?』と聞くと『独身ですよ。結婚します?w』という奥田からすれば冗談だったが、倫子は胸キュンしてしまうのでした。

そしてさっきまでの負のオーラは完全に消え去り、倫子はご機嫌で「第四出動」をかけ集合した。

そして香と小雪は『で?』とキスくらいはしたのかと倫子を問い詰めますが、倫子は『まだ会って2回目だし♪』とおのろけムードで答えます。

そして次の約束は「また今度って」という曖昧な答えに、香と小雪は『え』とガックリします。

『今度とオバケは出ないって言うしなぁ・・・』とまさかのダメ出しまでくらい、倫子は「マジか」と頭を抱えていると、電話が鳴る・・・着信相手はなんと奥田からだった。

それはなんとデートのお誘いだった!

すると香と小雪も手のひらを返すように応援しだすのでした。

倫子は浮かれ気分でデートに着ていく服を鼻歌を歌いながら選びます。

そしてデート当日奥田と会ってすぐ「決めた!私この人のことを好きになる!」と心の中で叫ぶのでした。

水族館でデートはしていると奥田から『好きです。俺と付き合ってもらえませんか?』と突然告白され、倫子ももちろん「OK」。

倫子は久しぶりの幸せを実感する。

< スポンサーリンク >

香と小雪のドロ沼の行方

香は涼から沢山くるLINEを既読スルーしてて、小雪は丸井からの電話を全部無視していました。

すると涼は香のネイルサロンに突然現れ『香!生きてて良かった』と言って、香にハグします。

ドラマ「東京タラレバ娘」5話

この後仕事だと言ってすぐに帰ってしまう涼に、香は唖然としてしまいます。

そんな当たり障りのない明るい涼に、香は別れを告げる事ができません。

一方、小雪の方にも丸井が「呑んべえ」の前にいると直接話しに来ます。

『ごめん、怒ってるよね?』と言う丸井に、小雪は『そんなんじゃないけど、奥さんの実家に行ってたよね?子供いるのも聞いてない』と言った。

丸井は『子供いるって言ったら、小雪さん付き合ってくれないと思って・・・だけど小雪さんと一緒にいたいって思っちゃって。でもこれ以上苦しめたくないから、会わない方がいい…』と言いかけたところで、小雪がキスをして言い訳をシャットアウト。

そして小雪が『バカ・・・嘘つき・・・大嫌い・・・』と言って抱きしめ合うのでした。

普通のカップルなら仲直りしてめでたしめでたしとなるんでしょうが、小雪の場合は不倫ですからね・・・結局、香も小雪もドロ沼から抜けることはできないのでした。

脚本家という仕事

倫子は恋が上手くいきはじめ、脚本家という仕事を「もう辞めるかもしれない」と考えていた。

早坂にも沢山チャンスをもらったのに、全てふいにしてしまったことを後悔していた・・・でも頑張っても頑張っても、結果が出ないことにも嫌気がさしてきていたのも確かだったのです。

今は「奥田優一との恋」という逃げ道があっても良いと思っていた。

倫子は『もう、いいよね』と、頑張って書いた「コンペ用の脚本原稿」をゴミ箱に捨てた。

そして奥田に会いにBARに向かうのでした。

その道中で「頑張って生きてきたんだから、たまには楽な道を選んだっていいはずだ。逃げる場所があるんだったら、逃げていいんだ」と自分に言い聞かせていました。

KEYの過去の恋愛③

KEYの結婚相手はKEYの先生だった(おそらく家庭教師)。

そして病気で亡くなってしまうのだった。

結婚したのは、奥さんがすでに病気にかかってしまった後・・・ちなみに奥さんもしょっちゅう「タラレバ」を口にしていたようです。

そして「お嫁さんになるのが夢」だったという彼女に、KEYが『先生のその夢。俺に叶えさせてよ』と言って、すると奥さんは『そんな現実から逃げるために、あなたを利用できない』と一度は断ります。

しかしKEYは『俺があなたの逃げ道になる』とプロポーズし、二人は結ばれたのでした。

 

原作漫画「東京タラレバ娘」最新7巻までのネタバレはこちら

6話あらすじ

イケメンバーテンダーの奥田(速水もこみち)と付き合うことになった倫子(吉高由里子)。

奥田から「ずっと一緒にいられたら幸せだろうな」とプロポーズのような言葉を言われ、すっかり舞い上がる。

話を聞いた香(榮倉奈々)や小雪(大島優子)はもちろん、KEY(坂口健太郎)も皮肉交じりに祝福。

遂に結婚か…と倫子もその気になるが、一緒に過ごしていくうちに、奥田との微妙なズレに違和感を覚えるようになっていく……。

一方、小雪は丸井(田中圭)と別れられなかったことを告白。

結婚できないという事実に目をつむり、不倫の恋にどっぷりと浸かっていく。

そして、香は「東京オリンピックまでに結婚して子供を産む」という目標のため、結婚相談所に登録。

すぐに香の希望通りの相手が見つかって会うことになるが、そんな時に涼(平岡祐太)から連絡が入り……。

引用元:日テレ公式サイト/東京タラレバ娘

huluで無料視聴

このドラマは日本テレビ系で放送されるので、ドラマ「東京タラレバ娘」のストーリー1話~最新話まで 「hulu」で視聴できます。

今なら初回登録後2週間無料というお試し期間付きなので、見逃しまった人もタダで見ることが可能です。

huluの登録はこちらから

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

出典元:http://www.ntv.co.jp

< スポンサーリンク >