大竹しのぶの若い頃と現在…天才ともいえる演技力に隠された魅力とは?

 

こんにちは、カリンです。

 

8月7日(日)23:00~放送の情熱大陸に女優の大竹しのぶさんが出演します。

 

デビューから40年以上経った今でも舞台、ドラマ映画、バラエティと最前線で活躍している大竹しのぶさんの若い頃から天才と言われていた演技の魅力から素顔に迫って行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

大竹しのぶプロフィール

大竹しのぶ

出典:http://matome.naver.jp/

 

名前   :大竹しのぶ

出身地  :東京都

生年月日 :1957年7月17日

年齢   :59歳(執筆時)

血液型  :A型

所属事務所:ESTER

 

1973年ドラマ「僕は女学生」で主人公の相手役が一般公募されたのですが、これに応募し見事合格し芸能界デビューをしました。

 

その後、NHKの朝ドラ「水色の時」ではヒロイン役で注目され、1979年には日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞の両方を受賞し女優として世に知られるようになりました。

 

またデビューから5年後の1978年には24時間テレビの第1回のパーソナリティーに萩本欽一さんと一緒に総合司会をしました。

 

デビューから現在に至るまでドラマには130作品以上、映画には60作品以上、舞台には50作品以上に出演しています。

 

バラエティで見せる天然さがなんとも可愛らしいのですが、その天然さからは想像出来ないようなシリアスな役などもこなしていて、さすが天才と呼ばれるだけあって、すごい女優さんだなと思うと同時にこんなに沢山の作品に出演している事にビックリしました。

 

あまり知られていないようですが大竹しのぶさんは16歳の時にアイドル歌手としてデビューしました。

 

デビュー曲は「みかん」という曲でみかん箱とみかんを持って全国のレコード店を回っていたそうです。

 

大竹しのぶ 歌手

出典:http://www.h3.dion.ne.jp/

 

シングル23枚、アルバム11枚を発売するなど歌手としても活躍されてたとは、さらにビックリです。

 

スポンサーリンク

大竹しのぶの演技力

若い時から現在までさまざまな役をこなしてきた大竹しのぶさん演技力に迫っていきたいと思います。

 

朝ドラでヒロイン役を演じた大竹しのぶさんですがデビュー当初から役作りで、初恋役の相手の名前をノートに書き綴ったり、坂道を怪我するのでは?!というスピードで下ったりと大女優としての才能がみられました。

 

また後の夫となる明石家さんまさんと共演した「男女7人夏物語」ではさんまさんとの掛け合いが話題となり高視聴率となりました。

 

共演したさんまさんは大竹しのぶさんの涙の演技に驚きNGを出してしまいましたが、その後の演技でもふたたび瞬時に涙を流したそうです。

 

大竹しのぶさんは「本当の涙はそう何回も流せない。NGが続いてしまうと雫は流れるけど、嘘の涙になってしまう様な気がする。」と言ったのでさんまさんは、また驚いたそうです。

 

演技でもそんなに何度も泣けないんじゃないかなと思いますが、大竹しのぶさんは女優として、しっかり役に入り込んでいるんですね。

 

今では稽古を始める前にはセリフを全て覚えていて台本は持たないそうですが、2003年出演の映画「阿修羅のごとく」では10分近く一人でしゃべり続ける長台詞のシーンでは、サラリとこなし颯爽と帰って行ったそうです。

 

2011年出演のドラマ「それでも生きていく」では殺害された少女の母親役という辛い立場の役を演じ、2015年主演のドラマ「黒い看護婦」では犯罪に引きずり込む主犯格の女を演じたりと難しい役を数々演じてきました。

 

2015年出演の映画「海街diary」でも娘たちを置いて再婚相手に走った母親役を演じていましたが圧倒的な存在感でした。

 

「大竹しのぶ×悪女で面白くない訳がない。」や「大竹しのぶさんほど役になりきる女優はいない」と言われています。

 

2016年8月27日放映予定の「後妻業の女」では主演を務めます。

 

 

予告だけでも悪女ぶりがみえますね。

 

この役を出来るのは、大竹しのぶさんだけではないでしょうか。

 

舞台女優としてもスター!

大竹しのぶ 舞台

出典:http://entre-news.jp/

 

大竹しのぶさんは舞台でも活躍されていて、舞台上で顔がただれるシーンでは演技中に本当に顔の左半分が腫れてただれるようになったそうです。

 

人間は「思い込み」でそういった症状になるらしいのですが、それが舞台でなるってスゴいことですよね。

 

演技とリアルの境界線がわけわからなくなるということでしょうか。

 

「大竹しのぶさんの演技のどこがスゴいのか?」という質問に対してファンの方が感想や意見しているのをネット上で見つけました。

 

  1. 舞台上のどこにいても、お客の視線を引きつけ、お客を芝居世界のイメージに引きずりこんでしまう能力です。
  2. 圧倒される勢いがある・乗り移っている演技をする・と言うことだと思います。自分を捨てている感じですね。これは舞台にいえることなんですけど、TVでは感じませんね。
  3. 涙の出し方(泣きながらの演技)は凄いって思う時が有ります。

引用元:大竹しのぶさんの演技の何がそんなにすごいのでしょうか?

まとめ

大竹しのぶさんがこんなに沢山の作品に出演し、歌手デビューもされてるとは知りませんでした。

 

演技に対する情熱がすごく熱く、普段の天然なイメージとはまた違った魅力がある方だなと思いました。

 

情熱大陸では女優業の事だけではなく、さんまさんとの結婚や離婚についてなどプラーベートな素顔もみられるそうです。

 

また新たな一面が見られそうですね。

 

そんな大竹しのぶさんが出演する情熱大陸は8月7日(日)23:00~放送です。楽しみですね。

 

以上、【大竹しのぶの若い頃と現在…天才ともいえる演技力に隠された魅力とは?】でした。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

スポンサーリンク

他にも気になる記事が・・・関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ