道の駅『なかさつない』グルメ~施設内に満載!~豆資料館・ビーンズ邸も

こんにちわ、ミッカです。

 

北海道・十勝で人気NO1とも言われている道の駅「なかさつない」。

 

私の中では、十勝と言えばグルメ!!って印象が強いですが、ここの道の駅はかなりグルメに力を入れているようです。

 

旅の途中に立ち寄るのも良し。

 

道の駅や十勝のグルメを目的に訪れても良し。

 

農産物の購入に訪れても良し。

 

そんな道の駅「なかさつない」の楽しみ方を紹介しますね^^

 

スポンサーリンク

道の駅「なかさつない」へ行こう!

道の駅「なかさつない」は、中札内村カントリープラザにトイレや軽食堂を追加で整備してできた道の駅です。

 

どこにあるのか、簡単に道案内しますね。

 

札幌から高速道を使った道のりを紹介します。

 

高速道に乗り、千歳恵庭JCTを道東道・千歳東・夕張・帯広方面に向かって進み、帯広JCTを帯広広尾道・帯広・広尾方面に向かって進みましょう。

 

帯広・広尾自動車道から道道1166号線(広尾・中札内市街と表示されている)に入り、大通北1丁目交差点を左折して広尾国道(国道236号線)に入ると、前方右側に道の駅が見えてきます。

 

距離は約220km、主要時間は約2時間50分が目安ですね。

 

天気のいい時は特に色々寄り道したくなっちゃうと思うので、時間にゆとりを持って安全運転でお願いします♪

 

住所:河西郡中札内村大通南7丁目14

電話:0155-67-2811

 

 

道の駅「なかさつない」の施設情報と楽しみ方

まず、声を大にして言っておきたいんですが「お腹は空かせて行きましょう!!」(笑)

 

あれもこれも食べたい物だらけなので、一緒に行く人がいる場合は食べ物をシェアする事をオススメします。

 

では、施設情報と併せて簡単に説明していきますね。

 

道の駅「なかさつない」の敷地内は、大きくカントリープラザ・花水山・開拓記念館・豆資料館ビーンズ邸に分かれています。

 

カントリープラザ

カントリープラザ

出典:http://tokachibare.jp/

 

日替わりランチからデザートまで楽しむ事ができるレストラン【WEATHER COCK Café】、カントリーショップてんとうむし、観光インフォメーションなどが入っています。

 

個人的なオススメは、ここで購入できる【枝豆大福】ですね。

 

道の駅のスタンプはここで押せますよ^^

 

花水山

なかさつない 花山水

出典:http://tabelog.com/

 

生産者の顔が見え、新鮮な旬の野菜を爆安で購入できる農協直売所、クラッシュゼリードリンクやいもだんごなどを食べる事ができる畑の「キッチンあんてぃ~」、ジェラードが人気の十勝野フロマージュ、カレーや豚串などテイクアウトが充実している千サルバトーレ12が入っています。

 

口コミで人気が出て、売り切れ続出の産みたて卵の自動販売機はここにありますよ~♪

 

開拓記念館

昔懐かしい雰囲気を漂わせている開拓記念館を見学しながら一休みもいいですね。

 

記念館を利用して花はなでお蕎麦を食べる事もできます。

 

人気の「開拓蕎麦」は、器からサクサクのゴボウ天がはみ出ていてインパクト大!

 

ビーンズ邸~豆資料館~

豆資料館

出典:http://pucchi.net/

 

旧馬鈴薯原々種農場を移転・修復したこの建物内には、無料で入館できビーンズ氏の趣味の部屋が再現されていたり、豆の資料展示室や研究室もあります。

 

リビングには地域情報発信システムもありますので、是非ご利用下さい。

 

それぞれの建物が分かれているので、全部を見て回ろうとすると結構時間がかかります。

 

さらに紹介した建物の他に、シーズン中は屋外テラスや売店が出店しているので、常に混雑しています。

 

参考になるかどうかわかりませんが、私の楽しみ方を紹介すると、まず地鶏の鶏唐揚げを食べる→クラッシュゼリードリンクにソフトトッピングで飲む→豚串を食べる→ジェラードかソフトを食べる→新鮮な野菜を物色して購入→産みたて卵を自販機で購入って流れですね。

 

食べてばっかりですが、どれも美味しいので止まりません(笑)

 

荷物になる物は最後に購入すると邪魔にならないのでいいと思いますが、売り切れには注意して下さいね。

 

スポンサーリンク

道の駅「なかさつない」に行ったらこれを買え!~お土産情報

自分ばっかり楽しんだ後に考えるのは「この美味しさや楽しさを他の人に伝えたい」じゃないですか?(笑)

 

お土産にすると喜ばれる物をいくつか紹介しますね。

 

道の駅「なかさつない」はやっぱり豆が有名です。

 

販売されている豆をそのまま購入するのもいいですが、特産品の枝豆の加工品は日持ちがする物もあり、枝豆が嫌いという人は少ないと思うのでお土産にすると喜ばれるでしょう。

 

お土産をすぐに届けられる場合は、やっぱり【産みたての卵】ですね。

 

卵

 

自販機は24時間利用する事ができて18個で380円、14個で280円と新鮮な割に値段も財布に優しい!!

 

ちなみに私はお土産をどのように使ったのかと言うと、直売所で購入した新鮮な野菜と自販機で購入した卵は自分の実家と旦那の実家でシェア、枝豆大福と花畑牧場のキャラメルやお菓子は友達と職場へ…って感じです。

 

用途に分けて購入できるのは嬉しいですし、地方発送もしてくれていたはずなので、遠方にいる方にも届けられるのはありがたいですよね。

 

まとめ

  1. 十勝のグルメがギュッと凝縮されている道の駅なので、空腹で行こう!
  2. 大型連休は特に混雑しているため、少し早目の行動がオススメ!
  3. 特産品は豆なので、豆をお土産にすると中札内っぽい!

 

もう一つ情報としては、駐車場は狭くないのに休みの日は駐車場に車を停めるのが大変な印象が強く残っています。

 

見るところと食べる物がたくさんあるので、みんなトイレ休憩だけでなく長居してるんですね。(←思い込み)

 

以上、【道の駅『なかさつない』マップ・施設・豆資料館・お土産おすすめ】でした。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ