紗絵子も美容ボディケア法として愛用の水素水の効果・使い方とは?

水素水を飲む

 

こんにちは、カリンです。

 

話題の水素水ですが、水素水を飲むと、二日酔いにならなくなったり、胃もたれが改善したり、足のむくみがとれたり、疲労回復が早まったりするなどの効果があるといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

今回は紗絵子も美容ボディケア法として愛用の水素水の効果・使い方について紹介します。

 

スポンサーリンク

水素水ってなに?

水素の元祖記号

 

水素水とは飲料水に水素を溶かしてある飲み物です。

 

そして水素水を購入するときは水素水として売られている水を購入するのではなく、自宅で水素水を作れる水素水専用のサーバーを買うのが理想だと言われています。

 

それは水素の元素が何よりも小さく、尚且つ酸素より軽いためペットボトルや瓶詰の場合は目に見えない隙間から水素が抜け出てしまい、作られた時には水素水だったものが、時間が経つにつれて、水素水とは名ばかりのただの水になってしまっている可能性があるからだと言われています。

 

水素水専用の密閉された特殊なアルミパウチに入っている水素水で製造年月日が新しいものならば、水素水として飲むことが出来るそうですが、なるべくならば、水素水を自宅で作れるサーバーを購入するのが、水素水を飲むのには確実だと言われています。

 

スポンサーリンク

水素水の効果と使い方

先ほどもふれましたが、水素水を飲んでいると疲労回復力が早まったり、疲れにくくなったり、肌がきれいになったりする効果が期待されていると言われています。

 

それは、水素水に疲労や病気の原因となる活性酸素を取り除く、抗酸化力があるからだと言われています。

 

抗酸化力がある食べ物と言えば、次のものが知られています。

 

フィトケミカル

  • リコピン:トマト、すいか、さくらんぼなど
  • ポリフェノール:カカオ、赤ワイン、ブルーベリーなど
  • イソフラボン:大豆、豆乳、豆腐など
  • ペクチン:りんご、みかん、あんずなど

 

ビタミン類

  • β-カロテン(ビタミンA):緑黄色野菜(かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンなど)
  • ビタミンC:じゃがいも、いちご、レモン、キウイフルーツなど
  • ビタミンE:ナッツ類、アボカド、ブロッコリーなど

 

ミネラル類

  • 亜鉛:牡蠣、小麦胚芽、レバーなど
  • セレン:大豆、玉ねぎ、魚介類など

 

水素水はこれらの食べ物よりも抗酸化力が強いそうです。

 

肺活量

 

確かに、トレーニングなどで疲れた後に水素水を飲むと体が軽くなり疲労が軽減するような感じがするし、翌日も疲労が残っていないと言う話をよく耳にします。

 

食べ物の抗酸化力も侮れませんが、水素水で活性酸素が取り除かれ、疲労や老化が少なくなり、回復力があがるのであれば、抗酸化力が強い食品と一緒に水素水を活用することにより、より一層健康的かつ美しく生きていけると思っても不思議はありませんよね。

 

まとめ

水素水はその元素が宇宙で一番細かいため、水素水専用にパウチされた飲み物以外は信用できないということがわかりました。

 

また、自宅で水素水を作るための、水素水専用のサーバーはかなり高価です。

 

これから先もっと研究がすすみ、水素水が人体に必要不可欠なものであると言うことになり、使用者がたくさん増えれば、価格ももう少し買いやすくなる可能性もあるかもしれません。

 

ポリフェノールやビタミンよりも抗酸化力が強く、回復力が高ければ、当然アンチエイジングになるので、美しくありたいと思う女性たちが水素水を必要とするのは当然なのかもしれないですね。

 

以上、【紗絵子も美容ボディケア法として愛用の水素水の効果・使い方とは?】でした。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

他にも気になる記事が・・・関連記事はこちら

コメントを残す

このページの先頭へ