奥菜恵/木村了
出典http://www.oricon.co.jp/

奥菜恵さんが俳優の木村了さんと交際をしていることを自身で明かしていましたが、3月12日に都内の区役所に二人で婚姻届を提出したことを報道各社にFAXで入籍を報告しました。

挙式や披露宴の予定はないとのこと・・・奥菜さんの場合3度目の結婚だし披露宴とかは恥ずかしくてできないですよね(笑)

めでたいことですが、一つ心配なのはこれからの生活は大丈夫なのか?

という点ですね。

奥菜さんは1回目の結婚→離婚で慰謝料10億円を請求したことで話題にもなりました。

2回目の結婚→離婚では慰謝料はもしかすると奥菜さんが払っているのでは?という噂もあります。

ということは経済的に考えると、旦那の木村さんの収入がしっかりしているかで安定した生活できるかが決まってくると思います。

今回は、

  • 旦那の木村了の仕事量は?
  • 年収はどれくらいあるのか?

の二点を調べてきました。

スポンサーリンク

木村了って何してる人?

木村了
出典http://www.oricon.co.jp/

僕自身「木村了」さんについてあまり知らなかったので、調べていて楽しかった・・・と感想はさておき(笑)

奥菜恵さんが2回目の離婚騒動の時に、木村さんは「パートナーであり、大切な家族です」と胸中を明かしていました。

おそらくこの時すでにお付き合いしていたんでしょうね・・・普通では考えられませんけど。

ちなみに木村さんは俳優と言っていますがあまりスクリーンには出ていないので、世間的にはあまり有名ではありませんが、俳優歴は13年と長いですね。

木村さんは2002年のスーパー・ジュノンボーイ・コンテストで審査員特別賞を受賞したのをきっかけにして芸能界入りしました。

⇒ 國島直希のwiki・プロフィール!ジュノンGPの次は映画やCMで活躍?

2004年7月にドラマ「WATER BOYS2」で出演したのがきっかけに、2004年から2013年までは飛ぶ鳥を落とす勢いで、ドラマや映画に出演しています。

2014年4月1日に公開された映画「サンブンノイチ」を最後にスクリーンではパタリと観ることがなくなりました。

とはいっても俳優業はしっかり舞台役者としてやっていました。

演技力もなかなかのようですし、舞台ではダンスや歌の評価も良いようです。

このまま舞台役者として活動していくんですかね?

となるとやはり気になるのは「稼ぎはどうなの?」ですよね。

後半ではその辺に触れていきます。

 

スポンサーリンク

木村了の舞台俳優としての年収とは?

「木村了 年収」と検索しても出てくるはずがなく、今回は舞台俳優の一般的なギャラから考察していきます。

まず舞台俳優の一般的なギャラは「1ステージ1万円」が相場で、あとは俳優の知名度とかで「1ステージ10万~50万円」くらいの変動があると言われています。

以前テレビ「ナカイの窓」で梅沢富美男さんが舞台俳優の稼ぎについて語っていたことがありました。

梅沢富美男さんは「俳優の世界にもやはり格差はあり、芝居だけで1,000万円を超える人は少ない」と言っていました。

稼ぐ人は1公演で驚愕の「1億5千万円」を稼ぐらしいですよ!

「やっぱり芸能人ってスゲー・・・」と腰抜けました(笑)

舞台俳優の稼ぎをまとめると、「1ステージ幾ら」というようなシステムで、具体的な金額は人の知名度・ステージ数などの諸々の要素で変動し、公演の売り上げなども考慮に入ります。

そして「芸能事務所に所属している場合は、ギャラの何割かが事務所の取り分になる」ということもわかりました。

なんだかんだ木村さんは大手事務所「ホリプロ」に所属しています。

とはいえ、大手事務所のホリプロがギャラの何割かを持っていったからといって、自分のところの俳優を路頭に迷うようなことはしないでしょう。

では木村了さんの稼ぎはどれくらいあるんでしょうか?

役者の平均年収が970万くらいなので、おそらく年収1000万~1200万円くらいは貰っていると思います。

やはり奥菜さんと子供二人と新しい生活は旦那である木村さんにかかっていると言っても過言じゃありませんからね・・・慰謝料の10億円あるかもだけど(笑)

なんだかんだ言っても奥菜さんと子供二人と幸せな新生活を送ってくれればそれで良いと思いますね。

 

【関連記事】

⇒ 加藤綾子フリー後はCMギャラで年収〇億?高島彩と同じ道で事務所はウハウハ?

⇒ 近藤春菜『スッキリ!!』MC就任で年収どうなる?上重聡アナ降板のその後とは

⇒ 山崎育三郎と安倍なつみはでき婚だった!子供の性別と名前も気になる!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

スポンサーリンク