三四郎 小宮の歯がない理由とは?父が東大の研究員ってことは秀才なの?


どうも、ジョニーです。

 

3月10日に人気バラエティ番組「アメトーーク」で『今年が大事芸人2016』が放送されます。

 

2015年のM-1王者「トレンディエンジェル 斉藤」や完全にブレイク中の「メイプル超合金 カズレーザー」などが出演しますが、ここでは「三四郎 小宮」について紹介します。

 

「滑舌が悪い漫才」で定評がある三四郎ですが、小宮の前歯が2本程欠けているのが滑舌が悪い原因です。

 

今回は三四郎 小宮の歯が欠けている理由と小宮の父が東大と出身という話題もネットで見つけたのでその真相に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

三四郎プロフィール

三四郎

出典http://trendy.nikkeibp.co.jp/

 

結成年 :2004年
事務所 :マセキ芸能社

 

受賞歴

THE MANZAI2014 認定漫才師50組

2013漫才新人大賞決勝進出

2014年 元旦 CX「爆笑レッド―カーペット」レッドカーペット賞受賞

 

小宮 浩信(左)

生年月日:1983年9月3日
出身地 :東京都
血液型 :A型

 

相田 周二(右)

生年月日:1983年5月2日
出身地 :東京都
血液型 :B型

 

二人は中学校からの同級生で、成城学園高校にエスカレーターで上がれる中等部に入学したそうです。

 

ちなみになかなかのお坊ちゃん学校ですが、高校2年性の時に小宮はなぜか留年していますので、卒業は同時ではなかったようです。

 

三四郎が売れるきっかけとなったのが2013年に放送されたテレビ「ゴッドタン」の企画のキス我慢選手権です。

 

ここで小宮がなぜか前歯が折れていて、しかも車椅子で登場(後ほど解説)します。

 

そんなヨレヨレ状態なのに、めちゃめちゃ生意気で先輩にほぼタメ口で、同じマセキ芸能社の狩野英孝を思わせるような感じがウケて有名になります。(後に、出川哲朗→狩野英孝→三四郎小宮はマセキ黄金ラインと言われます)

 

その後は頻繁に「アメトーク」や「ロンドンハーツ」などといった人気番組にも多数出演しています。

 

三四郎 小宮の歯がない理由とは?

小宮の欠けている歯

出典http://shinbishika-guide.com/

 

なにやら欠けているというよりは、折れているというのが正しい表現になるかもしれませんね。

 

これは後輩芸人と飲みに行った時つまづいて笑いを取ろうとしてわざと大げさに転んだそうなんですが、その時にガードレールに激突したらしいです・・・ちょっと想像しづらいかもしれませんが悪しからず(笑)

 

その時に歯が折れてしまったようなんですが、なぜか足まで骨折してしまったようです(笑)

 

その後に出演を控えていた「ゴッドタン」に車椅子で出演してそれをネタにして笑いを取っていました。

 

なんとも器用なのか、不器用なのか。

 

ちなみに2016年現在も歯を治した形跡はないのですが、以前出演した番組で「歯をそろそろ治せよ!」と先輩芸人に突っ込まれていました。

 

しかし小宮は「自分のタイミングで治すよ!」の一点張りでしたので、お笑い芸人的には使えるものは使うということでしょうか?(笑)

 

確かに歯が治っちゃったら滑舌悪い漫才できないですしね。

 

スポンサーリンク

小宮の父が東大の研究員?

小宮の父が東大出身という話題があったようなので、調べると意外とあっさりネット上の噂であることがわかりました。

 

実際には東大で地層の研究をしてる研究員らしく、東大の教授とか東大出身者というわけではないようです。

 

でも小宮は私立の中学受験に見事合格していますし、あながち秀才ではないということでもなさそうです。

 

個性も強くて面白いしこれからも沢山活躍してくれそうですね。

 

⇒ カズレーザー(メイプル超合金)がバンダイ面接事件とTwitter裏垢も後輩が暴露?

 

⇒ カズレーザー(メイプル超合金)の爆笑武勇伝!?事故物件話に父エピソード!

 

以上、【三四郎 小宮の歯がない理由とは?父が東大の研究員ってことは秀才なの?】でした。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

 

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

他にも気になる記事が・・・関連記事はこちら

3 Responses to “三四郎 小宮の歯がない理由とは?父が東大の研究員ってことは秀才なの?”

  1. かじやRG より:

    そうなのか

  2. 荻谷竜 より:

    そりゃないぜ

コメントを残す

このページの先頭へ