お笑い芸人のますだおかだのツッコミの岡田圭右さんの娘である岡田結実さんが、実は子役ファッションモデルデビューしていて、2010年からは「天才テレビくん」にてれび戦士として出演していました。

その岡田結実さんの現在ががかわいいと話題になっています。

そしてなぜか親子での共演はNGなっているようで、事務所もそこに関しては口を挟めないんだとか・・・。

なので今回は岡田結実さんの紹介と親子共演NGの真相に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

岡田結実ってどんな人?

岡田結実

出典:http://ameblo.jp/

プロフィール

【名前】 岡田結実
【読み方】おかだゆい
【生年月日】2000年4月15日
【年齢】15歳(執筆時)
【出身地】大阪府
【血液型】B型

岡田結実さんは2003年に子役ファッションモデルとして芸能界デビューして、2010年から4年間「天才テレビくん」くんに出演。

その間の2011年には、ファッション雑誌「ニコ☆プチ」の専属モデルとなっています。

2014年にファッション雑誌「ピチレモン」のピチモオーディションで、1万人中のグランプリとなってそのまま専属モデルとなっています。

~~~~~~~※追記~~~~~~~

この記事を書いた4日後に岡田結実さんが自身ブログで、事務所は「オスカープロモーション」に所属するのが決まったことを報告しています。

岡田結実

出典:https://twitter.com/

~~~~~~~ここまで~~~~~~~

⇒ 新川優愛のCMってアイプチで二重にしてるの?すっぴん画像や差し歯前でもかわいい!

家族構成

岡田結実さんの父はお笑い芸人ますだおかだの岡田圭右さん。

岡田圭右

出典:http://e-fccj.com/

母は元お笑い芸人で「-4℃」の上嶋祐佳さん(現在は岡田祐佳)。

岡田祐佳

出典:http://blog.livedoor.jp/

兄はドラマ「家政婦のミタ」や「幽かな彼女」・映画「暗殺教室」にも出演の岡田隆之介さん。

岡田隆之介

出典:http://newnews.in.net/

⇒ 岡田結実の兄・岡田隆之介「家政婦のミタ」でデビュー?現在は金髪?

完全なる芸能一家ですね。

ちなみに兄の隆之介さんと一緒に撮った画像をブログに載せたところ、「彼氏?」とファンの間では話題になりました。

岡田兄妹

出典:http://ameblo.jp/

確かにあまり似てないけど、彼氏とこんなにペアルックの画像はブログには載せないでしょ?!(笑)

好きな食べ物は、母の作ったオムライスという岡田結実さんの家族は仲が良いらしく、母のブログでも家族の話題が満載でしたよ。

⇒ 『岡田祐佳』オフィシャルブログ

 

スポンサーリンク

岡田結実と岡田圭右は親子共演NG

岡田結実

出典:https://www.reddit.com/

岡田圭右の娘がこんなにかわいい!

と話題になりそうですが、なぜか親子での共演はNGらしく、岡田圭右さんの事務所の松竹芸能でさえも何も言えない状態らしいです。

なんでも「岡田家で決めたルール」というのが存在するらしく、「岡田圭右さんの名前を使って仕事をしないのは“自力で頑張ってほしい”という願いが岡田家からあったからです」と岡田結実さんの事務所担当者が言っていました。

最近では二世タレントが多く活躍していますが、そういったイメージを嫌っているらしく、「自分は自分」「娘は娘」という意識が強いのか・・・。

岡田圭右・無欲

出典:http://www.kanshin.com/

まーこんな本を出版しているくらいですしね(笑)

そうはいっても岡田結実さんが売れてきたら100%二世タレント扱いされると思うけど・・・そうなったら思惑違いで「閉店ガラガラ」ですね(笑)

~~~~~~~~※追記~~~~~~~~

映画「WE ARE YOUR FRIENDS」のプレミア試写会イベントで父のギャグ「閉店ガラガラ」をパクる岡田結実の動画を発見しました(笑)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後に・・・

それにしてもここまで家族全員が芸能人ってのも珍しいですよね・・・あ、石田純一一家とかいましたね(笑)

でも親が二人ともお笑い芸人でとか・・・あんまりそういうカップル自体少ないか(笑)

今回調べていて一番驚いたのは、岡田圭右さんの教育に対する厳しさもそうですし、何に対しても何気にしっかりしてるってことでした。

芸風が芸風なだけに世間は、「おバカ」とか頭が悪いイメージが強いはずですしね。

やっぱりお笑い芸人といえどメディアの中では演者なんだなー・・・と思いました。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

他にも、『Oops!』と驚くような内容の記事がありますので、楽しみながら読んでくださると嬉しいです。

スポンサーリンク